« ぜんぜん | トップページ | ネットカフェで »

パソコンを高速化

 これ以上高速化できないだろうと思ったところからでも意外とできるもので、kb896256というマイクロソフトの修正プログラムがある。これはXPのSP2でデュアルコアや、2CPU環境下で、本来の性能が発揮されてなかった不具合を修正するというもの。そんな不具合放置するなよ^^;ちなみに自動更新では入らないらしい。SP3ではデフォルトでつくみたいだけど、それが正式にでるのは最短でも来年の夏…

 あとデフラグツール。Diskeeper Liteってのがある。製品版もあるがフリーあるんならこっちでいいしってことで。windowsについてるやつでいいじゃんと思ってたが、windows君(一般人)が自分で整理整頓して模様替えするのと、プロのリフォーム師が模様替えするのとのぐらい差があるんだなと思った。HDDの容量使ってる方が効果がある。まあ、そりゃあ空にするほうがいいには決まっているんだが、ノートや2世代前のHDDとか使ってるとOSとプログラムファイルで半分ぐらい使うこともありうる。そうなってくると効果はさらにでかい。

 どちらが効果あったかは知らないが(上の方が効果ありそうだが、うちの中あるデュアルコア環境はおろか、学校で使ってる2CPUパソですら全く効果がなかったように感じた)両方適用後に学校のパソコンでSUPERπが7秒速くなった。その他の動きも体感できるぐらい速くなってた。まあPenⅢ1Ghzの2CPU環境なので、2分32秒→2分25秒といった変化だが、Pen4以降(特にデュアルコア環境なんか)だとSUPERπで体感できるレベルではないかもしれない。

 まあハイスペ使いはこんな努力する必要もないし、ぎりぎりの低スペプレイヤーの方は使ってみてください。

|

« ぜんぜん | トップページ | ネットカフェで »

スペシャルフォースを軽くする方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168536/17408043

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンを高速化:

« ぜんぜん | トップページ | ネットカフェで »