« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

差し金決済

同じ株を1日で買って売ってまた買うと(売って買ってまた売る)かおうとするとき差し金決済注意な警告が出ますが、1日に合計で自分の持ってる買付け余力の分まで買えるということです。例えば30万円持ってたら10万円の株があったら1株買って売ってを三回まではできるということです。3株買うと、3株売ってももう買うことはできません30-10×3=0ですので。要は1日合計で買付け余力分までは買うことができるし、売ることができるということです

もちろん、1つの銘柄で余力を使い果たしても、別の銘柄もまた同じように買付け余力の分だけ買って売ってすることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株で勝つためには

株をやるからには勝ちたいと誰もが思います。ここでは勝つための法則を考えてみます。管理人自信勝ってないんで、使えそうならつかってやってください。

まずは手数料を減らす。これは丸三証券の口座開設後1ヶ月やコスモ証券の1ヶ月定額を使うことで減らすことができます。実際管理人は二月期に8万円(Eトレードで)の手数料がかかってしまいました。これがゼロならかなり違うことになると思います。

そしてデイトレードならデイトレード、長期なら長期にあった株を買う必要があります。長期だと、つぶれそうになく、成長性がある割に割安な株を探して買う必要があります。実際全ての株からこれだ!という株を買えば勝てます。

デイトレード、これは難しいですがリスクが少ないといわれています。確かに、会社が倒産するというリスクは少ないですが、なかなか勝てなかったりします。何がいけないのでしょうか?

デイトレードに適した銘柄とは、

売買高がそれなりにある:ないと値が動かないし動くのに時間がかかる。

ある程度、1日で値が上下に動きやすい:動かないと利益を1日で出すことができない

他にも条件があると思いますが、とりあえずこれを満たした株を探すことだと思います。しかし勝てません。ここにはデイトレードの先輩たちがいるからです。じゃあどこなら勝てるのか?もちろん後輩、自分よりもっと下手な人たちがいるところです。どんなところに多いのでしょうか?有名どこなら多そうですが、比率は少ないものでしょう。多分、本等の関係で間近IPOに多いと思います。そして、ストップ高に張り付く前に買い、はがれそうになったら売ると思います。じゃあその人たちが売った後買うのがひとつの手です。

もうひとつは、やはり動くのであれば上に動いてくれないと空売りでもしない限りは儲からないので、できる限り上に動いてくれる株のほうがいいわけです。間近IPOはそういう点でも優れています。他にはこういう銘柄はないのでしょうか?

やはり業績を上方修正した会社の株等は基本的に上昇するパワーを持っています。しかし1日目はストップ高でしょうし買えないでしょう。なので、2日目以降の寄り付きで売る人が多いので、下がったところを買うといいでしょう。やはりこういう株ももともと上がるパワーを持っているので何のよいニュースもなくストップ高になった株よりは、信用性が高いです。

何のよいニュースもない銘柄でも値が上がりだして2日目までは値が上がる傾向があるように思えます。3日目は上下にこそ動きますがもうさびれている感触がします。

要は手数料減らして上がるパワーのある株を探せということです。

参考になったらクリックしてあげて↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラテン間際からの

大転落…てか俺が参加すると爆下げなわけね。うつになりそう。まあいろいろと買ったわけだけど前半は何を買っても下がる一方。一時的には上げても何を思ったか欲張ってマイナス後損きりの繰り返し。

あと、日経が落ち着いてきたら衝動買いして理想的な高値掴み。エイティンクを30万あたりで2株買ってむしろマイナス出してるあたりで終わってる(今日の最高値は36万くらい)トータルで-20000くらい。税金関係がわかんないけど。まあいい勉強になりましたって感じかなあ。さすがに朝ぐらい下げてたらやるもんじゃないなあ。

現在の資産 47.8万円

終わった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »