« 岡山のラーメン屋 | トップページ | IPO »

株についての自論

とりあえずコンテンツ作ろうかなあと

ヘボい俺の自論なんで聞き流す程度にしといてください。

損切りは早く。こんなのみんな言ってますがその前にそんなことになる確率が低い株を買ったほうがいいということですがこれはどんなもながあるでしょうか。

たとえば割安な株を購入する

よいニュースのある株を購入する(手遅れ気味)

日経平均が右肩上がりな時に買う

自分の勘

などがあると思います

自分の戦法

基本的には割安な株を買います。特に特売などで一時的に値を下げている株を狙いますこういう株はほぼいったん反発しますので短い時間で無難に稼げます。これを勝手に探してくれるツールがあればいいのですがないので画面に張り付いてます。あったら誰か教えてください。楽天証券のマーケットスピードというツールが新安値や特売やストップ安(もちろん高のほうも)探してくれるというので、現在口座開設中です。口座開設しました

株は儲かる

株は儲かるはずです。期待値で見ても宝くじや競馬よりはるかにいいです。そもそも株ってのは結局は会社で働く人たちが一生懸命株主の利益のために働いているので(言い過ぎかもしれませんが)株は株主がもうけるためのものなので儲かるものだと思います。

自論なので聞き流してやってください;

損切り

損きりは重要です。損切りができずずるずるいくと、今までの儲けがパーになることもよくあります。購入している株が値下がりしていくとそのうち上がると言う淡い期待を持ってしまいがちですが、まず上がりません。特に管理人の買い方では下がる理由しかないので持ってると下がる一方です。これで損失のほとんどはたたき出しました、1発で20000円とか…こうならないように皆さんはうまく損きりしてくださいね^^

仕手株

これは個人的な勘ですが短期の仕手株の賞味期限は二日かなあと。よかったら参考にしてみてください。

上がりそうなIPO銘柄

今までのIPO銘柄を見た感じでは、新株の発行数が少ないほうが価格が高騰しやすく、東証2部よりは新興のヘラクレスとかジャスダック、特にジャスダックが高騰する印象があります。当然前評判のいいとこは高騰します。当たらないでしょうけど…

人気の戦術を逆手に取る

これは有効とされている戦術を逆手に取るというものです。例えばストップ高に張り付く寸前に買うというのがありますが。これは危険なもので、張り付いてもいったんストップ高を離れたらすぐ売れといわれています。では逆に考えると、ストップ高から落ちてきた株はみんながいっせいに売るのでいったん急落するわけです。そこで買うことができたらまたストップ高付近までは上がってくれるはずです。これはかなり確率よく勝てます。しかし落ちてくるのをじーっと見ているのはとても退屈です。Eトレードならば登録銘柄の画面でタイル小あたりを選んで複数の銘柄を見ていましょう。ちなみに指値じゃないとかなり買いにくいです。買った後の下げ幅も半端ではないので下げ幅を予測して指値しといてくださいね^^

株価操作を考える

株価操作について考えてみます。ホントはだめなはずですが明らかに株価操作だという現場によく居合わせます(特に売買高が少なめなとこ)とりあえずその手口をあげてみましょう

見せ板: これは特に買う気や売る気がないのにやたらと大口の指値を     して、チャンスだと思わせて売買させる方法です。特にみんな売りに敏感なので大口の売りがポンと現れると売りたくなってしまいます。そして株価が下がってきたら突如いなくなって株価を上げ始めます。

仕手株: 何のいいニュースもないのにとつじょ値段が急騰する株。いったん急落させて売りを誘い、また上げてストップ高へ。そこまで行くとさっきのとこで書いたストップ高に張り付く前に買うというのとの相乗効果で大量の買いが入る。そこで売り抜けてるのかなあ(推測)

                         

|

« 岡山のラーメン屋 | トップページ | IPO »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168536/9044909

この記事へのトラックバック一覧です: 株についての自論:

« 岡山のラーメン屋 | トップページ | IPO »